Twitter
Google plus
Facebook
Vimeo
Pinterest

Fluid Edge Themes

Author: 孔喜俊

エンコアードジャパン株式会社より6月30日に発表のスマートホーム向けオールインワンサービス「コネクト」が、東急不動産株式会社と鹿島建設株式会社が、国家戦略特別区域計画の特定事業として共同開発中の「東京ポートシティ竹芝」のレジデンスタワーに採用されました 「東京ポートシティ竹芝」の詳細はこちらをご覧ください

〜多様なスマートホームサービスを単一アプリと管理システムに統合したパッケージソリューションとして販売開始〜 2020年6月30日 エンコアードジャパン株式会社     ソフトバンク株式会社の子会社であるエンコアードジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:中野 明彦、以下「エンコアード」)は、従来のIoTサービス「コネクト」を電力IoTサービス「エネトーク」や、他社のスマートホームサービスとの融合を図ることで充実の26サービス131機能を一つのアプリに統合し、パッケージソリューションとして進化を遂げたスマートホーム向けオールインワンサービス「コネクト」を開発、2020年7月より販売開始します。     IoTサービスはこの数年でプロダクト・サービスの両面で大きく進化を果たし、その広がりは今後、加速度的に拡大するものと予想されます。しかしながら、現状では、それぞれのサービスごとにアプリが分かれ、ユーザー自らの設定操作や管理が求められるため、利用拡大の障壁になっています。今回、オールインワンサービス「コネクト」は、複雑な設定や管理を一つのアプリに統合することで、すべてのお客さまが操作に迷わずに毎日お使いいただけることを目指し、開発しました。また、手間取ることが多い初期設定の対策として、初期設定用のQRコードを用意し、お客さまはQRコードを読み取るだけで自動的に全てのサービスが利用可能となる管理サービスもサポートしました。「コネクト」の各種管理サービスによって、お客さまとの手続きやコミュニケーションを非対面でもより充実したサポート環境下で行うことができます。   エンコアードは最新・最先端のプロダクト・サービスの創出や他社サービスとの連携を迅速かつ柔軟に対応するために「コネクト」を中心とした技術開発を続け、今後もIoT・スマートホームサービスの進化に伴って生まれるお客さまのニーズに迅速に対応します。   なお、オールインワンサービス「コネクト」は、東急不動産株式会社と鹿島建設株式会社が、国家戦略特別区域計画の特定事業として共同開発中の「東京ポートシティ竹芝」のレジデンスタワーに採用され、2020年7月よりサービス開始予定です。詳細は、以下URLよりご覧ください。 https://www.tokyu-land.co.jp/news/2020/001128.html   オールインワンサービス「コネクト」の詳細はこちらをご覧ください。 「コネクト」に関する問い合わせ先:support@encored.co.jp   このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。  

~ 独自特許技術を活用した本格的DRソリューションを小売電気事業者に向けて販売開始 ~ 2020年6月18日 エンコアードジャパン株式会社     エンコアードジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:中野 明彦、以下「エンコアード」)は、2018年7月24日に出願し2020年1月に特許庁に正式登録されたスケジューリング機能を含むデマンドレスポンス管理システムに関する特許技術(以下、「DR特許技術」)を利用した小売電気事業者向けデマンドレスポンスコアシステム(以下、「DRシステム」)を開発し、2020年7月に運用を開始します。また、DRシステムは、小売電気事業者のSBパワー株式会社(以下、「SBパワー」)に採用されました。   小売電気事業者は、電源の調達価格の変動リスクを常に抱えており、季節や時間帯によっては、小売の販売価格を電源の調達価格が上回る損失が発生する場合があります。また、2022年度より開始される新たなインバランス料金制度により、需給ひっ迫時にはインバランス料金が上昇し、小売電気事業者の利益を圧迫するケースも予想されます。そのため小売電気事業者にとって、必要な時間帯に電力の需要を効率的にコントロールする仕組みを持つことがより一層重要になります。   加えて、新型コロナウィルス感染防止のため、自宅で過ごす「おうち時間」が増加したことにより、電気代が増えたと感じている方が多く、そのうち3分の2は節電を心がけていることが分かりました※1 。今後、新たな生活様式において「おうち時間」がこれまで以上に増加し、更に節電を意識する需要家も増加することが予想されます。   エンコアードは、これら小売電気事業者の課題解決や需要家の節電ニーズを満たすことを目的に、小売電気事業者が大規模なシステム開発を行わずに導入可能なDRシステムを提供します。DRシステムは、エンコアードのDR特許技術を基盤に、これまで培ったエネルギービッグデータ分析ノウハウを駆使し、需要家ごとの効果的なDR要請時間帯を予測するとともに、需要家に対するDR要請時間帯の通知や参加受付などを行うためのユーザーインターフェイスの提供までをパッケージとする小売電気事業者向け包括的DRソリューションです。   DRシステムを採用して2020年7月に運用を開始するSBパワーの取り組みの詳細はこちらをご覧ください。    https://www.sbpower.co.jp/news/pdf/20200618_01.pdf   エンコアードは、DR特許技術をはじめ、革新的技術によって、エネルギー情報から新たな価値を創造し、人と人、人と社会がつながる豊かな未来の実現を目指していきます。   ※1 : SB パワーが 2020 年 6 月 4 日に実施した「おうち時間に関するアンケート」より。    https://www.sbpower.co.jp/news/pdf/20200604_01.pdf     ■DRシステムの特徴   エンコアードは、DRシステムの開発に先立ち、2018年7月24日に本DR特許技術を出願し(特願2018-138870)、2020年1月に特許庁に正式に登録完了しました。   エンコアードのDRシステムは、次のような特徴があります。   1.包括的なDRソリューションの提供   需要家の電力データの収集および電力需要予測、日本卸電力取引所(以下、「JEPX」)取引価格の予測、DR要請時間帯およびDR目標値の算出、需要家専用インターフェイスの提供、DR制御信号の生成など、DR実施に必要な包括的なソリューションを提供します。小売電気事業者が保有するサーバと連携するだけで、簡単にDRサービスを開始することができます。      このDR特許技術は、「電力情報転送装置」、「DRシステム」、「小売電気事業者サーバ」、「加入者(需要家)端末」で構成され、電力情報転送装置で収集した電力データをもとに、DRシステムが小売電気事業者サーバに最適なDR要請時間帯を提供します。小売電気事業者は、DRシステムから受けた情報をもとに、DR実施の判断を行い、DR要請時間帯の情報をDRシステムに送信します。DR要請時間帯の情報を受けたDRシステムは、スケジューリング情報を生成し、その情報を加入者端末に反映させます。加入者は、DR参加有無を加入者端末を通じてDRシステムに送信し、指定された時間にDRを実施します。そのDRの結果はDRシステムから加入者端末に送信されます。   2.様々な電力データフォーマットに対応   各送配電事業者から収集する電力データ(Cルート)、スマートメーターからHEMSなどを通じて直接収集する電力データ(Bルート)、分電盤に設置された電力センサにより取得するリアルタイム電力データ、など様々なフォーマットに対応します。   3.独自AIを活用した高効率のDR発動ロジック   エネトーク技術※2で培われた電力データ分析技術を活用し、高精度の電力需要予測およびJEPX取引価格予測を独自AIアルゴリズムで算出し、最適なDR要請時間帯とDR目標値を算出します。     4.様々な需要制御に対応   需要家自身が需要を制御する行動誘発型DRだけでなく、スマート家電リモコン※3やエコーネットライト※4を通じた家電制御、または家電メーカーが保有する専用サーバとのAPI連携など、様々な需要制御の手段を対応します。       ※2 :分電盤設置型の電力センサを用いて電力データのリアルタイム分析を行うエンコアードのプラットフォーム技術。 ※3 :スマートフォンで家電の操作を可能とする通信入り赤外線リモコン機器。 ※4 : エコーネットコンソーシアムが策定するスマートハウス向けの通信プロトコル。    

エンコアードジャパン株式会社より6月18日に発表のデマンドレスポンスコアシステムが、ソフトバンクグループで電力の小売り事業を行うSBパワー株式会社の「家庭向けデマンドレスポンスサービスのトライアル」に採用されました 「家庭向けデマンドレスポンスサービスのトライアル」の詳細はこちらをご覧ください

エンコアードジャパン株式会社より2月21日に発表の統合アプリが、東急不動産株式会社と鹿島建設株式会社が共同で開発する「東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー」に採用されました 「東京ポートシティ竹芝レジデンスタワー」の詳細はこちらをご覧ください

~ すべての方へスマートホームをお届けするソリューションを開発・提供 ~ 2020年2月21日 エンコアードジャパン株式会社     ソフトバンク株式会社の子会社であるエンコアードジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 兼 CEO:中野 明彦、以下「エンコアード」)は、ホームIoTサービス「コネクト」とリアルタイム電力分析サービス「エネトーク」を1つのアプリで利用可能な統合アプリを開発し、2020年夏に提供を開始します。この統合アプリは東急不動産株式会社(以下「東急不動産」)と鹿島建設株式会社が共同で開発する「東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー」(以下、「レジデンスタワー」)に採用され、全戸に導入予定です。また、「コネクト」、「エネトーク」の基本機能に加え、レジデンスタワーのスマートなライフスタイルをサポートする各種サービスを利用できる機能を備えています。   IoTサービスはこの数年でプロダクト・サービスの両面で大きく進化を果たし、その広がりは今後、加速度的に拡大するものと予想されます。しかしながら、現状では、それぞれのサービスごとにアプリが分かれ、ユーザー自らの設定操作や管理が求められるため、利用拡大の障壁になっています。今回、東急不動産と「すべての入居者が迷わず手軽に利用できるアプリ」をテーマに掲げ、用途やサービスの垣根を超えた統合アプリの開発・提供にいたりました。 統合アプリ(開発中) ※Bitkey社との連携については、ディープリンクを利用することを予定しています。     【参考】 ■ホームIoTサービス「コネクト」 独自開発した世界最小クラスのコンセント型AI搭載ゲートウェイとIoTセンサーの組み合わせにより、簡易セキュリティーやお子さまの帰宅確認、離れたご家族の見守り、熱中症予防などの機能を提供します。 「コネクト」の詳細はこちらをご覧ください。       ■リアルタイム電力分析サービス「エネトーク」 1秒ごとの電力データを取得可能な専用IoTを分電盤へ設置することで、独自AIが分析・利用者の生活パターンを予測し、節電や各種アドバイスを提供します。 「エネトーク」の詳細はこちらをご覧ください。   専用IoT     この報道発表資料に記載されている内容、製品・サービスの価格、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。   本件に関するお問い合わせはこちらよりお問い合わせください。