家電別使用量分析サービス

たった一つの機器を設置することで、家庭内の主要家電別電気使用量を分析します。エンコアードの特許技術であるエネルギーフットプリント(NILM)技術を利用して家庭内のエネルギーを80%以上解析しています。 

bunri

<家電分離技術の概念図>

footprints3     footprints2     footprints1

<家電分離によるサービスコンテンツ>

エンコアードの家電別使用量分析技術(家電分離技術)の水準は、世界最高水準です。15Hzによる1秒単位のデータをリアルタイムで分析する方式を採用することで、精度の高い家電分離を可能にしています。

nilm

<家電機器の力率向上による信号判別力>

「リアルタイム家電分離の実証動画」

家電分離の精度は、現状では主要な家電に対して約80%の精度ですが、2016年第一四半期には86%以上の精度に向上させることを目標としています。 

また、精度の高い家電分離を実現するにあたって、世界最大手家電メーカーとの連携により、主要家電の電気の消費パターンをあらかじめ登録し、実証も終えています。


家電故障・老朽化分析サービス

1秒15Hzの家電別波形データから、家電の故障状況と老朽状況を分析することができます。

kosyou

<家電機器の力率向上による信号判別力>

上記事例は、ある家庭の冷蔵庫の波形異常から、月10,000円の電気料金が、冷蔵庫の修理後料金が半分になった事例です。


その他様々な分析サービス

エンコアードのビッグデータ分析は、すべて数学者の数学アルゴリズムをベースで設計されています。

ssgaku

suugaku2

bunseki