世界で最も大きなエネルギーライフスタイルプラットホームを、革新的な技術から実現しています。

ビッグデータプラットホーム
cloudplatform
  • 独自開発プラットホームオープンソースをほとんど使用せず、CELL構造の柔軟性と拡張性を確保した、独自アルゴリズムで開発したビッグデータプラットホームです。
  • リアルタイムと分析の同時処理:IoTデバイスからの大容量データをリアルタイムと分析データとして同時に処理します。
  • 性能及び安全性:1,000万機器単位の性能と安全性を確保した設計となっています。
  • 商用化プラットホーム:2015年12月末時点、10万台の機器に対応しています。
  • 開放型プラットホーム:どんなパートナーとも簡単にアプリケーションが開発できるようにOpenAPIを提供しています。
IoTデバイス 

enertalkhomeenertalkbiz
  • 1秒のリアルタイムデータ:スマートメーターが計測する30分単位のデータではなく、1秒単位のデータを収集し、高度な分析によるサービスを提供しています。
  • 低電力デバイス:他社のHEMS(計測ユニット+通信ユニット)と比べて、およそ1/10となる0.8Wの消費電力です。
  • コスト効率化:IoTデバイスとクラウドサーバーで役割を適切に分担することで、機器コストと維持管理コストの削減を実現しました。
  • 既存建物に簡単に取り付けし、すぐにサービス利用が可能
ビッグデータ分析サービス 
analytics1analytics2analytics4 analytics3
  • エネルギー分離技術(Disaggregation):特許技術であるエネルギーフットプリント(NILM)技術から、住宅内の電力消費の80%以上を解析しています。

  • ライフスタイル分析:家電の動作パターンから、生活におけるイベント(家電の使用状況など)を分析しています。

  • マシンラーニング:エネルギー分離技術、およびライフスタイル分析技術は、マシンラーニングのアルゴリズムを通じて、自動的に精度が高まります。