エンコアードジャパンは、

電気の使い方を、より高い価値のあるものに変えます。

電力計はスマートメーターに取って代わられつつあります。しかし、スマートメーターはあくまで、電気料金を計算するための機器です。私たちの生活において、より価値の高い電気の使い方を実現するためには、より詳細なデータとその分析が必要です。

com1-1-1

スマートメーターは工学に基づく技術で作られています。

スマートメーターは、電力会社が電気料金を徴収するための機器です。季節別時間帯別料金メニューなどに対応していますが、機能は限られたものになっています。

com1-2

エンコアードの機器「エネトーク」は、数学に基づく技術で作られています。

消費者がどのように電気を使うのか、量だけではなく質に注目し、分析と予測、そして問題解決につながるように作られています。

貴重な電気が消費者の生活により高い価値をもたらすことをお手伝いします。

 

消費者の電力消費に、安全と安心、快適さと楽しさを提供します。

かつて、消費者は検針後の電力使用量のデータしか見られませんでした。スマートメーターは直近の電力消費量を見せてくれます。しかし、リアルタイムのデータは見ることができません。消費者が安心して電気を使うためには、今現在、どのように電気を使っているのか、知る必要があります。エンコアードの「エネトーク」はこうした消費者の権利を守ります。

com2-1

電力会社が知らせてくれる使用電力量が、「使いすぎ」を知らせてくれても、消費者にとってはもはや過去の情報にしかすぎません。

com2-2

リアルタイムで住宅全体や主要な家電の電気の使用状況や異常な電力消費、電気料金の変わるタイミングがわかれば、安心して電気を使うことができます。

 

未来の地球環境とライフスタイルを変えることに貢献します。

地球温暖化問題をはじめ、地球環境問題は深刻化しつつあります。電気の使い方も、少しでも二酸化炭素の排出を減らすようにしていくことが必要です。同時に、私たち自身がこうした時代にふさわしいライフスタイルに変わっていく必要があります。

エンコアードのビッグデータプラットフォームが提供する、高い精度の分析と予測の技術は、消費者の生活の快適さを損なわない省エネ・節電を提供します。さらにマシンラーニングによって、使えば使うほど、賢い価値あるデータを提供するようになります。

com3