プレスリリース

2017年5月30日

 

「分電盤内の遮断器と互換性があるエネルギー計測装置」および「ユーザーカスタマイズされた広告を提供するシステム、ユーザー管理サーバおよび方法」に関する特許を取得

 

この度、エンコアード株式会社(本社:東京都新宿区西新宿、代表取締役:John Choe)は、グループ会社である株式会社エンコアードテクノロジーズにおいて、「分電盤内における計測装置」および「ユーザーカスタマイズされた広告提供」に関する特許を取得しましたので、お知らせいたします。

 

■分電盤内における計測装置に関する特許

・特許の概要

特許番号 特許第6035379号
発明の名称 分電盤内の遮断器と互換性があるエネルギー計測装置
出願日 平成27年6月16日
登録日 平成28年11月4日

 

・特許の内容

本特許は、エネルギー計測装置について、分電盤内の遮断器と互換性のある形状とすることで、分電盤内における設置を効率化するものです。

今後、宅内・事業所内のIoT機器の普及にともなって、エネルギー計測点・情報通信のハブの設置箇所として、分電盤の新たな役割が期待されています。

 

■ユーザーカスタマイズされた広告提供に関する特許

・特許の概要

特許番号 特許第6117416号
発明の名称 ユーザーカスタマイズされた広告を提供するシステム、ユーザー管理サーバおよび方法
出願日 平成28年9月20日
登録日 平成29年3月31日

 

・特許の内容

本特許は、エネルギー使用状況やそれに基づく分析情報を含めた、ユーザーの属性に基づき、ユーザーのライフスタイルに合致した情報を提供するシステム、およびそのためのシステムの管理などに関するものです。

IoT機器の普及にともなって、ユーザーのライフスタイルに対応したきめ細やかなサービスの提供が期待されています。本システムを利用することで、ユーザー全体の中から特定の属性を持つユーザーを抽出し、適切な情報・広告を配信することができます。

 

■今後の展開について

エンコアードでは、エネルギーIoTなどを活用したビッグデータ・プラットフォームのシステムとして「エネトーク」を展開しております。このシステムは、ユーザー宅に設置されたIoTデバイスが取得したデータを活用し、ユーザーにさまざまなエネルギーサービス、生活支援サービスなどを提供するシステムです。

電力小売全面自由化が施行された日本においては、電気事業が総合エネルギー事業、さらには総合生活サービス事業への進化を支える製品・サービスとして提供してまいります。

 

■本件に関する問い合わせ先

  エンコアード株式会社 マーケティング本部

  担当:本橋

  TEL:03-6908-6806

  Mobile:090-6486-6806

  Email:k.motohashi@encoredtech.com

 

  お問い合わせフォーム

  http://www.encored.co.jp/faq

「分電盤内の遮断器と互換性があるエネルギー計測装置」および「ユーザーカスタマイズされた広告を提供するシステム、ユーザー管理サーバおよび方法」に関する特許を取得
FacebookTwitterGoogle+Line